テンションがあがってしまうイルミネーションの撮り方

Pocket

輝きジェンヌクリエイターの美咲有希です。

12月には時間が取れなくて、イルミネーション撮影が
あまりできませんでしたので、1月ですが、今更ながら
イルミネーション撮影をしてきました^^

新しいカメラを買った、カメラ仲間と一緒に
「イルミネーションを撮影に行こう~♪」と丸の内にくりだしました。


↑11月末に撮影したものです(^^;;

東京のイルミネーション撮影スポット

イルミネーションは12月25日までというスポットが多い中、
東京丸の内の仲通りは1月になってもキラキラしています。
クリスマスツリーはもう飾られていませんが、
1月になってもイルミネーションは楽しめます♪

クロスのキラキラを撮影する方法

イルミネーションのこの時期、オススメの撮影方法があります。
まず1つ目。
それはイルミネーションの光をクロスにすること。

ただのイルミネーションの光より、クロスに光った方が
さらにキラキラに見えませんか?

 
クロスフィルターとして販売しているのですが、
こちらのフィルター手作りすることができます。

その方法は後日書きますので、
・透明の下敷き(硬いタイプ)
・定規
・カッター
をご用意しておいてください^^

自分で作っておけば、一眼レフカメラ、ミラーレスカメラ、
コンパクトカメラ、スマホなど、どれにでも対応することが
できますので、オススメです。

 
ただ、普段スマホでばかり撮影という方には、
スマホ用のこちらなどは便利かもしれません。

 

スマホ用クロスフィルター

 

まあるくキラキラに撮影する方法

オススメの撮影方法、2つめは、
光をまあるくぼかすこと。

玉ボケと言われる撮り方です。

その撮影方法は簡単。
できるだけ望遠にして(F値は小さく)、手前にピントを合わせる対象を置き
奥のイルミネーションをボカせば、
光は勝手に玉ボケになってくれます。

上記の写真の場合、右手手前に葉っぱを写しこむことで、
ピントを葉っぱに合わせます。

すると背景は自然とボケるので、
イルミネーションの光が玉ボケになります。

いつもと違うイルミネーション撮影を楽しんでみてください♪

イルミネーション撮影は、手ぶれしやすく
最初は難しいかもしれません。

しかし、最近のカメラには「手ぶれ補正」や
「イルミネーション撮影モード」など、
押すだけで簡単にイルミネーションが撮影できる
カメラも多いと思います。

いつもの撮り方に慣れてきたら、フィルターや望遠などを使い、
いつものイルミネーション撮影だけではなく
色々遊んでみてください♪

ちょっとこだわるだけで、普段見慣れたイルミネーションが
アートになるかもしれません。

1月ではなく、「もっと早くに教えてよ!」という声が
聞こえているような気がしますが・・・(^^;;、
丸の内ならまだイルミネーション撮影、間に合います^^

ぜひ丸の内に今からでもいらしてください☆
こんな子もお迎えしてくれます(笑)

ガオーーーーー!!(*^^*)