大好きな娘役 愛希れいかさんがとうとう退団!

Pocket

輝きジェンヌクリエイターの美咲有希です。

先日、宝塚歌劇団月組のトップスター
愛希れいかさんが卒業を発表しました。

ダンスが上手で、ダイナミックな娘役ちゃんが好きな私にとって、
ちゃびちゃんは(愛希れいか)は大好きな娘役さんです。

  
 

愛希れいかさんの略歴

芸名:愛希れいか(まなきれいか)
出身地:福井県坂井市
誕生日:8月21日
身長:167cm
初舞台:2009年4月「薔薇に降る雨」「Amor それは…」

宙組で初舞台を踏み、その後2009年5月に月組に配属。
元々は男役でしたが、のちに娘役に転向。
新人公演でヒロインをつとめ、2012年6月に月組トップ娘役に就任。 

愛希れいかさんの主な出演作品

2009年『Amor それは…』
2010年『THE SCARLET PIMPERNEL』
2011年『アルジェの男』
2011年『アリスの恋人』
2012年『ロミオとジュリエット』
2012年『愛するには短すぎる』
2013年『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』
2013年『ME AND MY GIRL』
2013年『ルパン -ARSÈNE LUPIN-』
2013年『JIN-仁-』
2014年『風と共に去りぬ』
2014年『宝塚をどり』『明日への指針』『TAKARAZUKA 花詩集100!!』
2014年『PUCK』
2015年『1789-バスティーユの恋人たち-』
2015年『舞音-MANON-』
2016年『激情』
2016年『NOBUNAGA<信長>-下天の夢-』
2016年『アーサー王伝説』
2017年『グランドホテル』
2017年『長崎しぐれ坂』
2017年『All for One』
2017年『鳳凰伝』   

太字は、私が劇場・映像で観たことある作品

 

愛希れいか退団記者会見の様子

公式HPより抜粋↓

~退団を決意したきっかけ~
「『1789 -バスティーユの恋人たち-』の
マリー・アントワネット役がターニングポイントです。
この公演でいろいろなことを学び、
娘役として新たなことに挑戦してみたいという気持ちになりました。
それと同時に、これ以上の幸せはないかもしれないと感じ、
卒業を意識しはじめました。」

退団を考え始めたのは
“1789”の頃だったと聞き、随分長い間(2年近く)、
卒業を考えていたのだと感じました。

1789は私にとっても思い出の作品

1789といえば、私が一目惚れをした
マリーアントワネットの衣装。

この衣装を着てみたくて
兵庫県宝塚市まで行きました。

ところが、仕上がった写真は
おデブ過ぎて、顔はパンパン、
首はなく、衣装の埋もれていました(汗)

せっかくムラ(宝塚市の劇場)まで行って
撮影してもらったのに、
全然嬉しくない写真になってしまいました。

あの日以来、「絶対に痩せてリベンジする!」
そう決めたのでした。

そして一年半後、10㎏減量し
リベンジを果たしました*\(^o^)/*

初公開!
1789のマリーアントワネットの
あの衣装です!

ちゃぴちゃんとの違いは、当然です。。。
そこは突っ込まないでくださいませ(汗)

可愛い役から大人っぽい役まで

1789のマリーアントワネットは、
ベルサイユのばらのマリーアントワネットとは少し違い、
恐らく実物のマリーに近いのかなと思いました。

高貴で気高い感じ。
しかし、遊び好きで、わがまま。
浮気性で自由。

そんなイメージのマリーアントワネットを
ちゃびちゃんは、しっかり演じていました。

『グランドホテル』の大人の女性の役や、
『激情』の激しいカルメン、
『ロミオとジュリエット』の可愛い少女のジュリエットや、
『All for One』のルイ14世(男と女を演じる二役)
とにかく色々な顔がある人でした。

それになんと言っても、ダイナミックに踊る
ダンスは最高!!
元男役だけあり、手足が長く力強いので、
パンチがあります。

そこが彼女の一番の魅力で、大好きなところです♡

可愛い振りも、カッコイイ振りも、色っぽい振りも、
何でも踊れてすべて素敵です。

卒業までのスケジュール

そろそろ卒業だろうと予想はしていたので、
思ったよりもショックは少ないですが、
やはり退団は寂しいです。。。。

11月18日が千秋楽なので、まだまだ先です。

後悔しないように、たくさん観劇に行こうと思います。

退団公演は、「エリザベート」
最後にちゃびちゃんのエリザベートが観られるなんて
嬉しいです♪

珠城さんがトートというのは、
私の中ではイメージが少し違いますが
(珠城さんはフランツのイメージなので(汗))

私の予想では、ルキーニとフランツを
美弥さんと月城さんでWキャストにすると予想。
↑予想というより願望
どちらも観たいものですから(笑)

娘役さんがエリザベートで退団するのは
とても幸せだと思います。

演目名がエリザベートですよ。
もともとはエリザベートが主役です☆

エリザベートは1本物のため、ショーがつきません。
ですから、最後にガンガン踊るちゃんぴちゃんを
観ることが出来ないは非常に残念ですが、
エリザベートは大好きな作品なので、
千秋楽のその日まで、出来る限りたくさん
観劇に行こうと思います。
3回は観たいですね。

でもチケットなさそう。。。。
争奪戦は間違いないです。。。